Tokyo(本社工場)
多摩冶金株式会社

熱処理サービス一覧

真空熱処理

真空焼入れ・焼戻し
固溶化
焼きなまし
析出硬化処理
応力除去
AMS2759 / 3 / 4 / 5 AMS2769 AMS-H-6875 (MIL-H-6875)

浸炭・雰囲気熱処理

ガス浸炭焼入れ AMS2759 / 7
雰囲気焼入れ・焼戻し AMS2759 / 1, 2
素材焼入れ・焼戻し AMS-H-6875
素材焼ならし、焼なまし AMS-H-6875

窒化処理

ガス窒化
ガス軟窒化
AMS2759 / 6, 10

アルミ合金熱処理

溶体化
時効硬化
焼なまし
AMS2770

その他合金 熱処理

溶体化・析出硬化・焼なまし・応力除去
ニッケル合金 AMS2774
ベリリウム銅 AMS-H-7199
チタン合金他

ストロングポイント

「1個、翌日」のご用命にも確実に応える生産システム

多様化するニーズにも柔軟にお応えできるよう、多摩冶金では長年にわたり「多品種・短納期・小ロット生産体制」を確立してまいりました。
さらに、ニーズの多い熱処理条件で、複数のお客様に向け定期的に炉を稼働させる混載サービス「アイノリ」も行なっており、
お客様に安心とご満足をご提供しています。

ネットサービスで日本全国・遠方からのご依頼も安心

多摩冶金では、日本全国・各社様からのご依頼を承っております。ネット上で進捗度合いを確認いただける仕組みを確立しており、
熱処理後のお品も全国へ配送。お電話での技術相談も承っております。

航空宇宙防衛関連で唯一の国際認証プログラムを取得

多摩冶金は、航空機製造スペックに対応する国内で数少ない企業です。第三者機関も認める確かな技術力で、あらゆる熱処理ニーズにお応えします。
・JIS Q 9100 / 2009年取得(審査機関BSK)
・民間航空機部品向け特殊工程認証「Nadcap」/ 2012年取得
・Rolls-Royce社エンジン部品熱処理工程認定/2016年取得

工場概要/ 多摩冶金株式会社

社名 多摩冶金株式会社
代表者 代表取締役社長 山田 毅
本社所在地 東京都武蔵村山市伊奈平2 丁目77 番地の1
TEL 042-560-4331
FAX 042-560-4550
創業日 1951 年(昭和26 年)12 月1 日
資本金・決算月 1250 万円 5 月末日
所属工業団体 日本金属熱処理工業組合
東部金属熱処理組合
Metal Treating Institute(MTI)
AMATERAS
TMAN

取得認定

  • 1999 年取得 ISO9001 品質マネジメントシステム
  • 2009 年取得 JIS Q 9100 航空宇宙向け品質マネジメントシステム
  • 2012 年取得 Nadcap 国際航空宇宙産業における特殊工程認証
  • 2016 年取得 Rolls-Royce 社エンジン部品熱処理工程