TAMAYAKINについて

熱処理一筋65年

加熱と冷却の巧みな調整により、金属を柔かくも・硬くもでき、強度や耐久性までも自在に操れる特殊加工技術『熱処理』。
その歴史を遡ると、鍛冶職人による日本刀造りでも応用されており、私たち日本人の文化にも深く根付いています。

現代では、自動車や航空機などの乗り物から精密機器、機械工業に至るまで、経済や産業の発展に密着した技術として広く認知されており、
中でも航空機などの高い精度が要求される分野においては、切り離すことのできない重要な技術として評価されています。

私たち『多摩冶金』は1951 年の創業より、日本経済の発展と共に成長を遂げてきた熱処理のプロフェッショナル集団です。
長い歴史の中では、不況や自然災害などに伴う苦境も経験してきましたが、
熱処理技術が世の中にもたらす重要性を自負し、常に「技術、人、工場」を磨いてまいりました。

そしてこれからも、「Mission」・「Vision」・「Spirit」を中核に据え、
人と人とのつながりで技術、文化、想いを次世代に繋ぐことに日々感動し、そして共感しながら明日を創り続けていきます。

The TAMAYAKIN Way

多摩冶金の企業理念であり、社員ひとり1 人が歩むべき道を「The TAMAYAKIN Way」と定め、以下にご紹介する「Mission」・「Vision」・「Spirit」の実現を介して、
「TAMAYAKIN」を世界最高の信頼を提供するブランドとして広く認知いただけるよう邁進してまいります。

Corporate Color

Mission

多摩冶金らしさを形成する「我等の目標」

社内に掲げられている「我等の目標」。これは、他界する86歳まで会長職を勤め上げ、
創業者として製造業を牽引してきた故・山田啓が、設立25周年に「多摩冶金のミッション(使命)」として表明したことばです。
以降40年以上にわたり“多摩冶金らしさ” を形成するコアコンピタンスとして深く根付いています。

Vision

世界最高の熱処理ブランドTAMAYAKIN へ

日々進化を遂げる機械工業。私たち多摩冶金も熱処理技術を介して、あらゆる産業の発展に寄与して参りました。
中でも、航空・宇宙・防衛関連分野で業績は目覚しく、業界に先駆けて航空機部品「Nadcap」認証も取得。

その礎を持って、創業65周年には「世界最高の信頼を提供する熱処理ブランドTAMAYAKINを目指す」ことを未来へのビジョンとして掲げました。

私たちが誇る歴史と実績、品質に一切の妥協を許さない“多摩冶金らしさ” で、目線をより高く、
世界へ・未来へと向けながら、これからも発展を遂げる世界の歴史に広く貢献することをお約束いたします。

Spirit

創業者の想いを体現するのは「誠実・直感・挑戦」

上記に掲げた“ Vision” に近づくためにTAMAYAKINのメンバーに求められる行動姿勢として、新たに「3つのスピリット」を定義しました。
この「誠実・直感・挑戦」には、半世紀以上にわたって培われた弊社の想いや職人魂も込められています。

【誠実】 誠実な人による、誠実なモノづくりに徹すること。
【直感】 自由な発想力を大切に、本当に価値あるものを探求すること。
【挑戦】 信頼され世の中に必要とされることに情熱を持って挑むこと。

今後も「我等の目標」、そして「スピリット」を胸に、経済活動だけでなく熱処理のプロフェッショナル集団として、
日々技術・能力・サービスを磨き、社員ひとり一人が会社と共に成長することを目標に歩みます。

History of TAMAYAKIN